プライベート空間が楽しめる貸切バス

貸切バス

今までに貸切バスを乗った経験のある方も多いでしょうが、乗ってしまえば目的地までそのままゆったりと行けますし、プライベート空間を楽しめるバスとしてもお好きな方が多いバスです。旅行会社による旅の企画などでは、パック旅行などでこの貸切バスが利用されることが多いですし、修学旅行や遠足、部活などの遠征旅行などの学校行事でもよく手配されることが多いものです。普通の市バスなどとは違って、載っている人達の目的地が同じだったり、何かしら共通の団体であることが多いことからも、バスの車内では親近感がわきますので楽しい時間が流れます。同乗されるバスガイドさんやそれに準じる関係者などによって、目的地までの時間を楽しいゲームや歌などで過ごすこともできるのが貸切バスの良いところですので、利用を考えることも多いです。

適した手配をしてくれる貸切バスの業者を利用する

貸切バスの手配をするのは、旅行業認可のある旅行会社が行う場合やバス会社が行う場合等があります。前者ではバス車輌を保有せずに、バス会社へ貸切バスの手配をしてくれます。後者は自分の所の車輌を使っての手配をしてくれます。バス手配会社だと日本全国でのどこからの出発でも受けられることが多く、人数の変更や、車種、配車をする場所などの細かい変更にも対応できることが多いです。反対に、バス会社からの貸切バスでは、自分のところの車輌ですのでカラーリングや席数、年式などのバス車輛を事前に把握できたり、値段交渉の末に料金が安くなることもあります。このような違い以外にも緑ナンバーを取得している会社か、運転手さんの手配や、大型バス、小型バス、マイクロバスなどの保有実数など、利用する側にとって適した手配が出来る業者を利用することが大切です。

目的や利用者に適した貸切バスを手配する

貸切バスを利用する際には、このように取り扱っている業者にコンタクトを取ることから始まりますが業者にも様々ありますので、目的地や乗る人数やどのような人々が乗るかなどを考えて、必要な大きさや機能のバスを手配することが大切です。バスの座席の機能が違っていたり、収容人数の違いや、車内の広さの状態によってもいろいろありますが、出来るだけ目的地まで快適に過ごせた上で、予算内に収まるような配車費用とするのがポイントです。そのためにも、参加者から募る参加費用などがあれば、事前に計算をして貸切バスの利用代金として正確に算出しておくことが必要です。また幼い子供が多いのか、ご年配の方が多いのかなどによっても使い勝手の良いバスが違ってきますが、予算が許せば出来るだけトイレが付いている貸切バスの方が、搭乗者全員にとっての安心材料ともなります。