平日に貸切バスを依頼するメリット

貸切バス

車社会とはいいますが、どこの施設にも広い駐車場が存在するわけではなく、また飲酒運転は厳禁です。お酒を飲む場所に行く時、お店によっては送迎バスを用意してくれているところもありますが、冠婚葬祭の場合都合をつける必要もあるので、少し難しい時があるようです。そんな時に便利に使えるのが貸切バスです。平日に依頼するメリットはやはり、休日よりも借りやすいという点です。バスを借りる場合、運転手の方も拘束することになります。人と車両の両方を確実に確保するためにも平日は非常に有効です。ただいきなりでは平日でも休日でもわがままは言えない事の方が多いです。しかし早期予約であれば安く借りられることもあるので、計画的に使えば非常に得をします。借り方は難しくないですが、先に大まかでも計画を立てておくことが重要になります。

貸切バスの探し方は大きく2種類

貸切バスの借り方は、大きく2通りがあります。どのようなサービスにも存在する一括見積のサービスを使う方法、バス会社や旅行会社に直接依頼する方法です。一括見積のサービスはインターネット上にあり、何種類かあります。色々比較できますので非常に便利です。バス会社や旅行代理店に直接申し込みする方法は、代理店や窓口へ直接行く方法やネット上、電話での予約方法があります。ノープランでいきなりバスを貸してほしいと言われてもバス会社は非常に困ります。せめて目的地と出発時間もしくは到着予定時間、そして人数を決めておくことは最低限必要です。当然ですが、バスの大きさや走行距離によって金額が変わります。また大きさだけでなく種類によっても違いがあります。これは会社によって持っている車種が違うので、比較する内容の一部になるでしょう。

自分に合う貸切バスの借り方を考える

旅行代理店とバス会社は似て非なるものです。借りる側からすれば目的地に連れて行ってくれるのであれば、どちらも同じといえば同じです。ただバス会社はバスを保有していますが、旅行代理店は契約としてバスを保有しているので、実際に借りる車両を決められるという点ではバス会社が有利ですが、いろいろな車種からある程度を選べるうえに、日本全国で出発、借りることができるという点では旅行会社の方が有利になります。このどこからでも出発という点は、配車権が関係します。一括見積の場合は、この点も含めて比較ができますから、非常に便利です。また一括見積で比較をした後に、個人として依頼をする方法もありますので、是非活用しましょう。催事、旅行、冠婚葬祭と貸切バスを借りる理由はさまざまですので、自分の目的に合う借り方を探せます。